『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
<< 哀-19 6者協議物別れ・・・・そうやろ・・・ | TOP | 怒-28 警官殺傷、無期判決・・・確定的殺意? >>
楽-19 自転車は、車道・歩道どっち?
自転車は、車道か?歩道か?どっち?
・・・・・・なんてことは、決まってライ!車道に!!!

と・・・つい、この間までは思っていました。

先日、風邪の予防注射を打ちに
(・・・もう、若くないのがばれちまうだろうが・・・。)
(・・・若い奴は、予防注射なんてのはやらないんだぜ・・・)
近くの病院に、自転車で行きました。

自転車に乗るのは、ほんっと、久し振りです。
だから、危なっかしいのなんのって。
自分でも分るんですよ・・・・危ないのが・・・・・。(ヒェーッ)

で、車道を通っていたのです・・・・が・・・広くて平らな道は。

ところが、橋を渡って、隣の市に入りますと・・・・・・・・!
いきなり、道路幅が狭くなり、おまけに坂道、登り道・・・・。

6mの道路幅で、歩車道が20cmの縁石で仕切られ、
そのうえ、歩道に、80cmくらいの手すりが付いている道を・・・・、
ダンプやら、トラックやらの往来が激しい道を・・・・、
どうして、一介の自転車が、車道を走らねばならんのだ・・・・。

(これは、自殺行為に等しい・・・・・)
と、早めに判断を下し、歩道を走ることにしたのですが・・・・・。

幅が、1mを切った歩道で、右車道側に、手すりがあって、
左側にブロック塀があってごらんなさい・・・・。
しかも、電柱なんぞという、野暮ったい障害物が・・・・。

こちとら、学生ン時には、自転車なんてスイスイのスイでしたが、
ここんとこ、十何年も自転車には乗ってなかったんです。
フラフラフラのふらふら・・・・と、はた眼に見ても、危なっかしくて。
対抗の自転車が・・・、歩行者が・・・
と、来るたんびに降りていては・・・・。
病院にたどり着いた時は、大汗、心臓・・・・バックンバックン・・・。

「大丈夫ですか?風邪気味ではないですよね?」と、
看護婦さんに聞かれる始末。
「大丈夫です。きれいな人の前だと、いつもこうなんです。」と、
口だけは、達者に返答しました。

帰り道は、下りが多くなります。
いったい、誰がこんな”ろくでもない”道路を造ったんだ!
行政は、何をしている!えいくそ!腹が立つ!・・・・・と、
罵りながら、対抗自転車、歩行者に道を譲るという
謙譲の美徳を振りまきつつ、思い出したのは

パーネル・ホール
「探偵になりたくない」 「犯人にされたくない」 「お人好しでもいい」
・・・・・まだまだ続くのですが、
ここまでは、私も読んでいます。・・・・軽くて面白い!。是非、お読みを!
主人公のスタンリー・ヘイスティングスは、事故専門の調査員です。

こんな道で、怪我でもしたら、アメリカなら弁護士を雇い、
ヘイスティングスに証拠写真を撮らせて
莫大な慰謝料を請求するんだろうな・・・・ということ。

日本ではまだまだ、そんな時代ではないと思いますが・・・・。
意外と近いところにやってきてるかも知れません。
ほんっとに、道路管理は民間に任せた方が、絶対良くなると
私は、信じているのですが・・・・?
どうでしょうか?      (楽楽しい・・・ホントは怒かな)
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
あの原竜也も”宅建”に受かった
ネコでも受かる!資格はフォーサイトの通信講座

ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料
23:42 | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
23:42 | - | - | - | pookmark
コメント
>>「大丈夫です。きれいな人の前だと、いつもこうなんです。」
素敵な返しw 使わせて頂きます。(爆

クルマを運転する立場からすると、・・・
自転車は確かに、危なっかしいですし?
狭い歩道で自転車が走ってると、さらに危ないw
道路幅は変らないけど、車はアホみたいに大きくなるし?
アッチを立てれば、こちらが立たず?
難しい問題ですよね。
確か法律上は、自転車は軽車両かな?車道?
やっぱ危ないよw (~_~;)

2008/12/17 9:49 PM by ガウス@
ガウス@さん、今晩は。
自転車は、車道だということは、重々承知なのですが、そこの道はホントに非常に危なくて、とても車道を走る気にはならない道路なのです。いつもは、歩道を走る自転車に冷たい視線を浴びせる私ですが、その道路は、納得せざるをえません。日本の道路事業の貧困さを憂えるばかりです。
2008/12/17 11:24 PM by 原 竜也
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kidoiraku.jugem.jp/trackback/89
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--