『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
<< 楽-14 「!」・・・・・・性的な意味で? | TOP | 楽-15 残念!粟生・・・・もう少し >>
怒-21 「はなむけ」?・・・・いらねえよ!
10月14日(火)の朝日新聞の夕刊に

《15人と格闘訓練 死亡》
《3等海曹、異動直前》
《海自特殊部隊 集団暴行容疑で捜査》
《海自幹部「はなむけだった」》

《広島県江田島市の海上自衛隊第1術科学校で9月、特殊部隊
「特別警備隊」の養成課程にいた3等海曹の男性(25)が、
ひとりで15人を相手にする格闘訓練中に頭を強打し、約2週間後に
死亡していたことがわかった。・・・・・・》

《3等海曹の父親(51)は、13日、愛媛県内の自宅で不信感を口にした。
息子が倒れた日から15日以上たっても、十分な説明を受けていない。
海自幹部からは訓練について「(異動の)はなむけのつもりだった」
と説明されたという。・・・・・
父親は「非を認め、ちゃんと詫びてほしい」と訴えた・・・・・》

詫びて済む問題とも私には思えない。
先に、相撲において、前時津風部屋での”かわいがり”に名を借りた
殺人事件と、同じ構造を感じる。

格闘の訓練は職業上、自衛隊には付き物だろうが、
同新聞によれば、2から3人相手の徒手格闘訓練は広く行われている
ようだが、15人は異例という。

それは、K-1や、ボクシング等の格闘技を見ていれば分るが、
3分もやれば、格闘商売のプロでさえ息が上がってしまう。
50秒づつ、新手の15人と闘えば、息が上がるのは目に見えている。
教官はいなかったのか?
15人以上はその場に居合わせたはずだが、
その”はなむけ”を、誰もやばいと思わなかったか?
(少なくとも一人は7、8人目で棒立ちだと認めている。)
他の隊員も、気づいたはずなのだ。

これは、”はなむけ”なんぞという生易しいものではない。
集団による殺人であり、”はなむけ”などの言葉を弄するのは、
殺人の隠匿罪であると思う。

この幹部は、”はなむけ”だったから、
人を殺してもしょうがなかったとでも言うのだろうか?
「この父親をうまい言葉で、騙してしまえば、事なきを得るんだ」などと、
反省もせずに、思っているのだろうか?

《呉地方総監部は3等海曹の入院や死亡は公表していたが、15人を
相手にした訓練だったことは明らかにしていなかった。・・・・》

やましいところがなければ、隠したりするはずはないだろう。
この、人面をかぶった者たちには、罰が下されて当然だと思う。
その方が、あなたたちも気が晴れるだろうが・・・・。

こんな事件には、腹が立つし、「我慢だぜい!」とはいかない。(怒怒り

ああ、腹が立つ。 同様にお腹立ちのかた、ボタンをビシッと!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
00:23 | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
00:23 | - | - | - | pookmark
コメント
拝見させていただきました。
とても悲しいです。まだ25歳なのに・・・
特にご両親の心中はいかばかりか・・・
2008/10/17 1:03 AM by えむ
えむさん、こんにちは。
まったく、何考えてんだか?指導教官は二人いたみたいですね。14人に、合計230発ほど殴られたとあります。全部が効いたパンチではなかった(17日朝日)。とありますが、すると効いたパンチも少なからずあったわけだ。教官なのに、プロなのに危険と思わなかったのでしょうか?ほかに、けがれた考えがあったために、判断が鈍ったのだと思えます。両親の気持ちを考えると、憤りが抑えられません。
2008/10/18 12:19 AM by 原 竜也
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kidoiraku.jugem.jp/trackback/68
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--