『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
<< 参議院選挙:定数6増について | TOP | ドゥテルテ大統領に同意!・・・アイスランドの大きな間違い >>
立憲民主党、参院選に向け「最低賃金1300円に」

参議院選挙が目の前である。

明後日(7月21日)が選挙日だから、候補者は必死だろうと思う。

毎日、NHKでは各党の候補者と党首が、それなりの公約みたいなものを掲げている。

 

先日、公明党の山口那津男代表と、立憲民主党の枝野幸男代表のあいさつを聞く時間があった。

 

 

立憲民主党の枝野幸男代表のあいさつを聞く時間があった。

総論からいうと、山口代表のほうが良くできていたなあ・・・・と思う。

(まあ、主観的なものだから、どうこう言えるものではないが。)

かたや、与党を形成する党の代表だし、かたや、野党第一党を目指す代表だから、

仕方のないことかもしれないが、海外の状況も話したのが山口さん。枝野さんは海外状況には触れず。

短い時間に制約されているのもあるとは思うが、グローバルな時代の国会議員なのだから

少しは、外にも目を向けようぜ!・・・・てな感じ。

 

まあ、民主党時代にも、外国との折衝は不得意だったようなので、

それを考えると、(立憲民主では少し荷が重い?)身の丈に合った政見放送なのだとは思ったけど・・・・。

 

そんな中で、少しばかり、引っかかったのが・・・・・。

『最低賃金を5年以内に、1,300円にする・・・!』

『ボトムアップ経済ビジョン・・・・』らしいです。

 

何だかどこかで聞いたような???

 

そう、お隣の韓国 ”文在寅”大統領が『2020年に最低賃金を1万ウォンにする。』

と言っていました。

(2017年:6,470円ですから、3年で1.54倍)

そして、それはすでに、大失敗に終わっている。

今では公約違反で、文在寅”を担いだ労組が反旗を翻しているみたいです。

 

社民・共産に至っては直ちに一律千円、1,500円を目指す!・・・・みたいですが。

 

”他山の石”という言葉を知らないのでしょうか?

 

ちなみに、現在は全国平均880円ぐらいですから、1,300円は1.477倍。

物価上昇率を考えると、韓国と同じ結果に陥ると、思うのです。

 

最低賃金を払っているのは、(払わざるを得ないのは)零細事業主や、小規模な下請けです。

少しばかり考えたら解るのではないでしょうか?

 

ボトムアップする前に、つぶれてしまうのです。

つぶれたら、雇用が無くなるのです。

国会議員はしがみついていれば、経費がもらえますが、低賃金労働者は ”ゼロ” になるのです。

 

このあたりの感覚が”ぬるま湯に浸かった”国会議員には解らないのでしょうか?

それとも、分かっていて、その程度のことしか思いつかないのでしょうか?

 

まあ、”文さん”も元弁護士だそうです。”枝豆さん”も元弁護士だとか?

考え方も似てくるのでしょうか?

考えが、浅すぎる党には入れたくないですね。

創価学会は嫌いだし、安倍自民には入れたくないし、

本当に、どうすりゃあいいんでしょうね。ああああ、腹が立つ!(無責任な人たち)

 

22:53 | 17無責任な人たち | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
22:53 | - | - | - | pookmark
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kidoiraku.jugem.jp/trackback/256
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--