『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
<< 楽-24 携帯電話を子どもに持たせる?YES!NO! | TOP | 怒ー33 郵便不正・・・違反に気付かなかったア? >>
怒ー32 ゆとり教育を反省・・・・・おそいぜ!
4月5日(日)朝日新聞の教育26面に、
《「自分ダメ」日本突出》
《中高生調書「疲れ感じる」も》

日中米韓の中高生の各千人づつを対象とした
《自分に人並みの能力があると思うか?》
《自分はダメな人間だと思う》
という問いに対するアンケート結果を示した記事があります。

自分自身を否定する答えが他国に比して、日本の生徒に多かったようです。

その記事の下方に
《「ゆとり教育を反省」》
《文科相、学力アップ訴え》
という記事がありますが、上記のアンケート結果に関連があるのでしょうか?

《塩谷文部科学相は、社会に向けて発した「メッセージ」の中で、
学校の先生に対し、
「確かな学力、豊かな心、健やかな体の育成」・・・を要望。
教育委員会に対し、「学校への周知と支援」
各家庭に対し、「基本的な生活習慣や学習習慣をつけさせる」ことを求めた。》
また、
《記者会見で、いわゆる『ゆとり教育』で、結果的に勉強はあまりやらなくていい
という雰囲気になり、基礎も出来ず、そのままきちゃったのが現実ではないか」
と発言。「反省として時間数を増やし、学力アップを一つの目的としている」と話した。》

遅い!
気づくのが遅すぎるのではないでしょうか?
まあ、気づかずに(あるいは気づいても)
漫然と今のままを継続するよりは、はるかにマシではあるのですが・・・・。

それにしても、どなたが、提唱して始めた事かはいまさらという気がしますが・・・、
以前にも書きましたが、ホントニ情け無い国家方針を出してしまった元文科相の方と、
(??元文部相と書くべきか?)
その方を任命した総理大臣とは”国賊”ものの働きをしたものです。

野党の方が、何かにつけて乱発する”任命責任”ですが、
本当の”任命責任”とは、そのようなことに対して負うべきだと思います。

人間は、どうやっても、”楽”の方に走るのが宿命です。
だからこそ、そんな性向があるからこそ、人間の発明・発見が生じ、
人類の文明が発展してきたのだと思います。

鍛えるべき時に十分に鍛えてこそ、「自分はダメな人間」と思う気持ちからの
脱却が出来るのだと思います。
上記のアンケート結果は、「ゆとり教育」が生んだ当然の帰結といえるでしょう。

このように(・・・自分を否定的に・・・)考える生徒がいること。
すでに、社会に出てしまったより多くの若い人達がいることを
「ゆとり教育」を唱えた方は、厳しく反省すべきだと私は思います。

「まだ、結果が出るまでには時間がかかる」・・・・などの言い訳をおっしゃられた方も
いたようですが、100年経っても、その方の意図する結果は出現しないでしょう。(怒怒り

そう思いませんか?(同意する方)考える前に押して!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
5月からのお勧め、こいつは効くぜ!

4月のお勧め!
「ああっ女神さまっ」:藤島康介
そして、こいつが3月のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
「神の狩人」:グレッグアイルズ

21:06 | - | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
21:06 | - | - | - | pookmark
コメント
自分で言うのも何ですが?
もっと若い頃に、勉強しておけばよかった!と、
反省しきりです。(-_-;)
子どものくせに、週休2日なんて、もっての他w
大人になると、詰め込んでも、忘れる速度が加速して行くだけなんだもの、と。。。
byダメ人間代表。
2009/04/16 11:17 PM by ガウス@
今晩は、ガウス@さん。
みんな、そう思って、大人になっていくんです・・・って変ですね。
もっと、こうしておけば良かった・・・・それがいっぱいありすぎて、もう一度人生やり直しても、きっとおんなじ道をたどるのでしょうね。(^^;)
2009/04/16 11:40 PM by 原 竜也
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kidoiraku.jugem.jp/trackback/109
トラックバック

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--