『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
<< 怒-31 大手ゼネコン「鹿島」を操った、『大光』 | TOP | 哀-25 未必の故意か?過失汚損か? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
哀-24 妻の涙
先日、家に帰ると妻が泣いていた。
気丈な性格だから、
ここしばらく・・・・・というか、
結婚してからついぞ、
涙なんか見たことはない。(・・・・映画やDVDは別にして)

どうしたのか?・・・・・・と聞くと、
「おばあちゃんが・・・・・・」と、せくりあげる。
末期がん・・・・ということだった。

つい、1週間前に、
おばあちゃんから、果物やお菓子やら乾物やら・・・・
種々雑多の食料品が入った段ボールが
宅急便で、届いたばかりなのに・・・・・・。

3人姉妹の妻は真ん中の娘で、
ひとりだけ、関西を離れ、関東に住んでいる。

そのためかどうかは分からないが、
年に2〜3回は、
種々雑多が詰まった段ボールが送られてくる。

段ボールの底には、封筒があって、
10万前後のお小遣いが入っているのを私は知っている。
結婚してから何年も続いていることだ。

妻の母は、何年か前に認知症になった父と二人暮らし。
「おじいちゃんの世話が大変で・・・・、」
自分の体の異変には、気付かなかったらしい。

倒れて、近くに住む妻の姉に連れられて病院で診察を受けたら
「手の施しようはなく、静観するだけ。」と、告げられたらしい。

「おばあちゃんには、言ってないみたいだけど。」
泣きながら話す妻が、ひどく子供っぽく見えた。


入院先のおばあちゃんと、二日目に携帯で話をした。
「すまんなあ、迷惑かけて・・・・・・。」
妻が、おじいちゃんの世話をしに、帰郷したことを言っているらしい。

「迷惑ちゃうで、ちょっとゆっくりせなあかんわ。
しばらくゆっくりして、はよう元気になってもらわんと・・・・・。」
嘘はすらっとでた。
涙もでたが、声はしっかりしていた・・・・・・・・と思う。

子どもは、いくつになっても子どもなのだ。
どんなに、自分の身が壊れかかっていても、
子供を思う親の愛情の大きさを感じる。

そんな時、2月24日(火)付の朝日新聞に、

《年金水準 30年後2割減》・・・・・《厚労省検証》

この国のお役人たちは、
自分の子供たちを・・・・子供たちの世代を・・・・
少しでも楽にしてやろうという、親心はないのだろうか?
自分さえ、良ければそれで良いのだろうか?

子を持つ親なら、誰しも自分の身を犠牲にしても
子どものためを思うのではないだろうか?

税金や年金原資の無駄遣いは、自分達の子孫に
大きな借金を背負わせることだと思えば、
何十億もかけて造った施設を一万円で売ったり、
不要な残業タクシーを使ったり、
立派すぎる庁舎や宿舎を造ったり、
要りもしないカラオケセットだの娯楽用品だのに
無駄なお金は使わないはずなのに・・・・・・。

結局は、他人の金だから・・・・・・。
自分の子供たちが、他人の子であれ、
出来るだけ豊かに、少ない苦労で暮らしてほしい・・・・。

『親心』・・・とはそういうものだ・・・・と思う。 (哀)

哀しいほどに腹が立つ、何も言わずに押してくれ!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
この本が、今月(2月)のお勧めです!
神の交渉術」・・・・読んでないなら是非どうぞ!
そして、こいつが3月のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
「神の狩人」:グレッグアイルズ


01:19 | | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
スポンサーサイト
01:19 | - | - | - | pookmark
コメント
>「すまんなあ、迷惑かけて・・。」
我慢をキッチリ知る年代なだけに、もう少し楽に生きてくれればなぁ〜と思うばかりです。
愛の詰まったダンボール箱に、涙。
おばあちゃん、お大事になさってください。

>年金。
つい先だっては、ウン兆円の損失?とか、出てましたね。
ズバッと一線を引く改革が出来る政治家を期待したいのですが?
怪しい感じです。(-_-;)
2009/02/28 1:09 PM by ガウス@
おばあさんの事はお大事にして下さい。
おじいさんの事、気がかりでしょうね。

お役人も政治家も、自分の子供は世襲させるなり、公益法人や息のかかった大企業に入れるので、庶民の懐がどうなろうと関係ないのです。:P
お役人は優秀なので、自分たちの子供の生活はちゃんと安全に設計してますよ。きっと。(国民の生活は関係ないでしょうけど。)

年金一つとっても、国民の年金は、集めた金でビル建てたり保養地作ったり、(素人である役人が)株に投資して損しても全く問題なく、原資が足りなくなれば分配額を減らす訳ですが、
議員年金に関しては、株投資は【危険】だから行ってはならないし、原資が足りなくなれば再現無く税金を投入しますからね。
現在、一応廃止にはなっていますが、既得権益者は貰い続けてますし・・・。

この点だけ見ても、政治家・役人と一般庶民は分離されているので、役人にとっては国民は他人の子ですらないのでしょうね。
う〜ん、最近頻繁に「農民(国民)は活かさず殺さず」というフレーズを思い出してなりません。

しかし、地元の利権でなく、もっと大きな視点で投票して、現在のうのうとしている(大物)政治家を野に落とす選挙民が多数現れないと、この国も変らないんでしょうね。
2009/03/01 7:12 AM by 国際結婚SE
*ガウス@さん、今晩は。
なかなか、難しいものです。嘘をつくのも・・・。
人間だれしも、行きつく先は同じなのですし・・・遅かれ早かれ・・・とは思うものの、なかなか、達観できるほどにはなれません。本当に、この人なら…という方は出てきませんね。


*国際結婚SEさん、今晩は。
まったく、腹立たしいことが次々と明らかになってきます。5.7兆円の年金運用損は目前の数値だけで判断することはないと思うのですが、損はきっちり報告されるけど、利益はホントに正しく年金に廻しているの?どこか他に無駄に使っているんじゃないの・・・と、思ってしまうほどに信頼感を失っているのが日本の公務員だと思うと、勘ぐるのも悲しくなります。
2009/03/02 10:16 PM by 原 竜也
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://kidoiraku.jugem.jp/trackback/103
トラックバック

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--