『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
哀ー29 17年半の拘束・・・人生返して
6月5日(金)の朝日新聞から
1面2面34面35面に踊る、足利事件の関係記事は、
国家権力に振り回された時の、個人の無力さを、恐ろしさを
十二分に示してくれる。

1面
《足利事件 菅谷さん釈放》
《逮捕から17年「謝って欲しい」》
 
2面
《DNA型鑑定 検察完敗》
《旧手法「二重のミス」》
《同時期の事件に波及か》
《検察側「世間」意識 釈放を決断》

34面
《自白偏重 繰り返す冤罪》
《批判、裁判員制度の一因に》
《捜査幹部淡々「適切に対処」》

35面
《「無実 人生返して」》
《「捜査間違った、ではすまぬ」》
《なぜ誤った自白 解明訴え  記者会見で弁護側》

見出しだけを読んでも、ことの概要が見えてきます。

だけど、この記事が紙面を賑わしてから今日で3日目ですが
すでに、過去のこととなり、今では”菅谷さん”のことは
風化が始まっています。
世の中の出来事があれこれと、風のように過ぎて、
時の流れの速さに、いまさらながら驚かされます。

この記事の中で、少し疑問に思うのは、当時の自白を導き出した
関係者のことは、ほんの少しも触れられていません。
どうしたのでしょうか?
 
(いまさら、出てきたら、袋叩きに会うから・・・・。)(
そんな細かいことを突き詰めていったら、誰も犯人を自白に追い込めないから?)
(仕事としてやったのであって、個人攻撃はやめようよ・・・・)
とでも言うかのように・・・・・・。
 
《菅谷さんは捜査段階で「自白」している。なぜ、やってもいない罪を自白したのか。
菅谷さんは「髪の毛を引っ張られたり、蹴飛ばされたり。刑事の取り調べが厳しく
『白状しろ』『早くしゃべって楽になれ』と言われ、どうしようもなくなって
自分がやったと言ってしまった。」と説明。》

”署長、菅谷の野郎は、白状しません!”
”あいつがやったに決まっているんだ、何で白状させられないんだ!もっと厳しくやれないのか?”
 ”分かりました、必ず白状させます。”
 ・・・・・・・・・・
”署長!やっと自白しました(^^)。やっぱり奴だったんですね。”
”あいつがやったに決まってるんだ、俺の勘に狂いはない!”・・・・・・
なんて会話が、まさか、あったとは思いませんが。

何の罪もなかった菅谷さんに自白を強要したことによって、本当の犯人を捜すことも
そこで、STOPしてしまいました。この罪は誰がとるのでしょうか?

自白を取った担当者及び、その上司・・・・・
菅谷さんに謝るとともに、殺害された女児及び遺族にも謝らねばなりません。
でも、そこのところは、うやむやにされるのでしょう・・・・きっと。

もう一つ、疑問があります。
DNA鑑定について、弁護側の鑑定人、本田克也・筑波大教授に対し、
検察側の鑑定人は名前も身分も明らかではありません。
 
朝日新聞、及び本田教授の意見を鵜呑みにすれば、
《有罪の決め手になった旧鑑定について、本田教授は「二重の誤り」を指摘する。
一つは、菅谷さんのDNAの型番がそもそも違うこと。
もう一つは、肌着の体液と菅谷さんのDNAを同じとしたこと。・・・・・・
旧鑑定書にはDNA型を示す帯グラフのような写真が添付されて・・・・・・》

世間一般の人も、当時の裁判官もDNA鑑定の専門家ではないから、
細かいところは分からないけれど、
少なくとも、裁判官は、”誰の鑑定であって””同じと判断した意見に納得した”
 から、『無期懲役』の判定を下したのだと思う。

ところが、本田教授は旧鑑定と同じ『MCT118』という方法によっても
一致しなかった・・・・という。何度実験してもだ・・・・・・・・。

マスコミでは、旧鑑定では1千人にひとり、最近の鑑定では4兆7千億人に・・・・
という鑑定の精密さの進歩が大きく取り上げられているが、
基本はそんなことではないような気がしませんか。

旧鑑定方法でも、違っているという事実を、誰かが歪曲した・・・・・ように思えます。
鑑定したのが誰で、なぜ、同一だという結論を導いたのか、
そして、判定を下した裁判官は、検察・弁護双方の鑑定結果を公平に聞き、判断する
的確な能力を擁していなかったのではないかと思われます。

最後に、弁護側は
《佐藤弁護士は「菅谷さんは年金を納めることも出来ず、生活の基盤を完全に奪われて
いる」として刑事補償法に基づく補償金の支払いを求める考えを示した。》

これは、当然のことでしょうし、支払われるのが当然と私も思います。
だが、しかし、税金から支出されるのかい・・・オイ!
これは、こういう結果を導き出した当事者が、支払うべきものではないのだろうか?
 《「重く受け止めている。今後、東京高裁の審理の推移を見守り、適切に対応したい」
と高田健治刑事部長名の談話を淡々と読み上げた・・・・・栃木県警の総務課長・・・》

少しも、重さが伝わってこない。
誤認逮捕の重み、他人に冤罪を着せた重みを
重々感じて頂くには、誤認をした当事者が菅谷さんへの補償金を分担して支払う・・・・・
そんなことでもしない限り、口だけでは、『重く』も『厳粛に』もなんとでも言える。
 
痛みを伴った、システムを発動しない限り、同じことは何度でも起きるといえよう。
菅谷さんにとっては、謝ってもらっても、今後いくばくかの補償金をもらっても、
ちっとも嬉しくないだろう。
17年の人生はもう、返ってはこないのだ。(哀
何もいわずに、押すしかないか! 人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ 
栗本 薫さんが亡くなりました。私:原は『GUIN SAGA 』のファンだったのに、続きが読めなくなりました、残念です。・・・・合掌。
06:11 | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
哀-28 GW、Uターンラッシュ・・最後に事故とは!(軽には乗るな?)
本日朝のテレビニュースで、交通事故のニュースを聞きました。
仙台市青葉区の事故というので下記の件と思われます。

YAHOOニュースより
《交通事故:車同士が衝突し3人死亡4人重軽傷 仙台市で》

《5日午後2時ごろ、仙台市青葉区作並岳山の国道48号で、
山形県天童市、小川建夫さん(64)の乗用車が反対車線へはみ出し、
対向してきた仙台市宮城野区、八嶋茂さん(55)の軽乗用車と
正面衝突した。この事故で、▽八嶋さん ▽同乗の母ふみさん(88)
▽仙台市泉区、平静子さん(66)の3人が出血性ショックで死亡。
小川さんの車に乗っていた4人のうち、山形県天童市、小林真紀さん(32)が
"首に重傷、小川さんが胸に軽いけが、他の2人が軽傷を負った。
"
宮城県警仙台北署によると、現場は片側1車線の直線道路で、
事故原因を詳しく調べている。》

なんとも、痛ましい限りであるし、事故原因を調査中とのことなので、
非難めいたことはもちろん書けませんが、
そのニュースを聞き最初に思ったのは、
はみ出した方は、重傷者1名、軽傷者3名なのに対し、
はみ出しを受けた方は、3名が死亡という痛ましさです。

乗用車と、軽乗用車との衝突とでは、どちらが多くの被害を受けるかは
客観的に考察すれば、明らかな事実でしょう。

GWが終盤となり、各地で起きる事故の数も増えているようですが、
ニュースを聞くと、軽乗用車の死傷者が多いことが分ります。

起因者がどちらであろうが、軽い車の方が不利という結果になることは、
客観的な事実でしょうが、なんとなく釈然としません。

筆者も最近は、小回りの利く軽自動車に乗りかえようかと考えていましたが
この事実をはっきり示されると、いささか、再考せざるを得ません。

自分が安全運転をしているからといって、安全の保証はされません。
自分は何もミスをしていないのに、
「相手のミスで、最悪の結果になる。」・・・という不条理。

3人も殺せば、”死刑”も視野に入るのに、車が介在すると、よほどの悪意が
ない限り、大きなミスがあってさえ、実刑になる確率は非常に低いでしょう。
今回の結果がどうなるかは分りませんし、その結果をマスコミが再び、
取り上げることはまず・・・・まず、ないでしょう。

これは、大きな不条理ではないでしょうか?
そして、この”交通事故”という奴は、いつ、どこで、たとえ車に乗っていなくても、
出会う確率が非常に高いとなると・・・。

国家試験の中で、”最も取りやすいのが車の運転免許証”と言われますが
ここまで、危険な状態を、そろそろ見直してもいいのかも知れません。

国家経済の中心を担うとはいっても、
誰のおかげで豊かな生活を、国民が送れるのか?とはいっても、
この便利な生活手段を手放せるのか?とはいっても、
やっぱり、豊かな生活っていうものを、もう一度考えてみることも、
必要なことだと思います。

交通事故のニュースを聞いて、「軽自動車はやっぱり、危ないかな?」
と、考えた一日でした。(哀)

そう思いませんか?(同意する方しない方)考える前に押して!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

国家試験の勉強法はこちら→「マインドマップ資格試験勉強法
5月のお勧め本「アジア三国志」 6月のお勧め本!「彼氏をバッド・ボーイにする方法 (扶桑社セレクト)






21:15 | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
哀-27 深酒・裸・・・・・・何が・悪い!
今日、4月23日(木)朝日新聞夕刊を見て、
びっくりです。

第1面に
《草容疑者 逮捕》・・・・・・・ええーーっ!?!?

芸能界の不祥事は昨今、毎日のように紙面を飾る。
つい先日ではありませんか、中村雅俊の息子さんが
大麻所持かなんかで逮捕され、おやじが涙の会見をしていたのは。

今回も大麻かいな・・・・・と、一瞬勘ぐってしまいました。

《SMAP 全裸で騒いだ疑い》・・・・・・・ええーーっ!?!?
と、一面の記事。
さらに、15面(社会面)には、さらに大きな大きな字で、

《深酒 「裸何が悪い」》
《草容疑者、一人叫ぶ》・・・・・・・・・・・・・・・。

《公然わいせつ容疑で23日に現行犯逮捕されたSMAPメンバーの
草剛容疑者(34)は、警視庁赤坂署員が駆け付けた際、
東京都港区の公園の芝生の上に全裸であぐらをかいていて、
1人で意味不明のことを大声で叫んでいたという。・・・・》

だけのことである。
が、流石にSMAPという人気グループ所属のゆえか、

《地デジCM,自粛要請へ》・・・とか、
《SMAP×SMAPなどのレギュラー番組を抱えるフジテレビは
対応を検討している・・・・テレビ朝日も対応を協議中・・・・》
《トヨタ自動車は・・・・トヨタレンタリースのCMを打ち切る・・・・》
《P&G社は洗剤「アリエール」のCMを自粛・・・・・》
《公共広告機構(AC)は韓国女優チェ・ジウと共演の
環境保護キャンペーンCMの中止を決めた・・・・・・》

などと、反応は大きく素早いものがあります。

が、・・・・・しかし・・・・・・・
そんなに大騒ぎするほどのものかよ・・・・・・・・???
ひとりで、未明(=暗い)に裸で芝生の上で大声で騒いだくらいで
容疑者・・・とか・・・・逮捕・・・とかの問題なのかよ!

他人に大きな迷惑かけてるほどのことでなし。
大騒ぎは、マスゴミの”新聞売らんかな””視聴率上げんかな”
の意識操作に過ぎないと私は思うが・・・・どうだろう。

確かに、警察に電話をした人がいたくらいだから、
その人にとっては、迷惑であり、
ひょっとしたらその時点では恐怖を覚えたのかも知れません。

だけど、迷惑の大きさから言えば、
私の家の近くを爆音を轟かせてつるんで走る暴走族さんの
方が、よっぽど迷惑ですし、
その暴走族さんを、いっかな逮捕しようとしない、
というか、逮捕しようという意志さえ見せたことのない
警察のかたのほうが、よっぽど(不作為という)罪なのではないかと
歪んだ意識を持つ私は、きっとへそ曲がりなのでしょう。

フジテレビやテレビ朝日
トヨタ自動車、P&G、公共広告機構・・・・
・・・・お尻の穴のちいせえこと、ちいせえこと。
まあ、一部には、
今回の問題に乗じての打ち切りを決めたところもあるでしょう。

まあ、そんな訳で、私は草剛を今後も応援することにします。
「深酒・裸・・・・・それが、なにか」    (哀悲しい

そう思いませんか?(同意する方しない方)考える前に押して!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
5月のお勧め本
アジア三国志
4月のお勧め!
劇場版「ああっ女神さまっ」DVD 通常版:藤島康介
そして、こいつが3月のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
神の狩人〈上〉 (講談社文庫):グレッグアイルズ
この本が、2月のお勧めです!
スティーブ・ジョブズ 神の交渉術―独裁者、裏切り者、傍若無人…と言われ、なぜ全米最強CEOになれたのか
23:02 | | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
哀-26 義母の死 「泣かせるなよ!」
3月○日の早朝(1時半頃)、義妹から電話が入りました。
こんな早朝からの電話で、良い知らせであった試しはありません。

携帯で話す妻の顔が歪んだので、義母の死と分かりました。

「もう、おらへんねん。」
義妹は、そう言ってきたそうです。

大切な人との別れの悲しみを、的確に表現しているな、
と、冷めた頭の端っこで思いながら、
今からなすべき行動のあれこれを考えながら、眠れぬ日が始まりました。

通夜は翌々日、告別式がその次の日と義姉から知らされ、
当日は、私のほうの親戚と会社への手続きを済ませ、
翌日に、親子3人で車で関西に向かいました。

―――――――

通夜の時ですが、
町営の葬祭場の進行役の方は、若い女性でした。

この方のナレーションが、圧巻でした。
義姉から聴取したほんの数フレーズから
故人の生き様や性格と残された家族との関わりを
見事に、装飾して語って呉れるのです。

「泣かせるなよ!」
私はその語りを聞き、涙がこぼれるのを止める事が出来ませんでした。
私の両隣に座った義姉と妻もハンカチで目頭を押さえています。

自分の父親が死んだ時にも、泣く事がなかった私も、
最近はどうも涙腺が緩んできているようです。

プロとは言え、又、経験を重ねているとは言え、
見事!というしかありませんでした。

その後に続いた浄土真宗のお坊さんのあげるお経は、
その声が非常に軽々しく、(重々しくの反語?)
(すみません、”あ軽い”の二乗と言った方が適切か?)
とても、泣いてはいられません。

(これもありかな?)
そう、・・・・いつまでも泣いている訳にはいかないんだぞ!
お坊さんはそうやって、私たちを元気付けてくれているようでした。(哀)

泣かずに押してくれ!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
4月のお勧め!
こいつは効くぜ!


「ああっ女神さまっ」:藤島康介

そして、こいつが3月のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
「神の狩人」:グレッグアイルズ

この本が、今月(2月)のお勧めです!
神の交渉術」・・・・読んでないなら是非どうぞ!
22:44 | | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark
哀-25 未必の故意か?過失汚損か?
電車の中は危険がいっぱいです。
下手に油断をすると、大変な目にあいます。

しばらく前のことです。

年末は、忘年会の季節なのか?
飲む機会が多いのでしょう。
帰りの電車は、遅くなるに従い、酔っ払いの臭いで充満します。

余りに、深酒をすると、翌日の朝にも酔いが残る場合があります。
私は、その日はつり革につかまることが出来ず、
電車の中央くらいで、吊り下げ広告を眺めていました。

私の左前方で、つり革につかまっている50代のおじさんの様子が異常です。
前日、深酒をしたのでしょうか?
ときどき、片手を口に当てて、
吐き気を・・・・・・懸命に、我慢している・・・・・・と推察しました。

そのおじさんの前方の座席には、上を向いて、口は半開き・・・・・・、
熟睡している若い女性の方が・・・・・・・・。

(うわあーーっ)
最悪の光景が目に浮かびます。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。
・・・・・・・・・・・・。

電車が、最終駅に到着しました。
なんとか、最悪の状態だけは、免れたようです。

が、おじさんは、降りた途端に緊張の糸が切れたのでしょう?
盛大に、ぶちまけました。

幸いというか、混雑していたにも関わらず、
直接かけられた方はいなかったようです。
なんとなく、周囲の方は危険予知をしていたのでしょうか?

けど、放物線を描いて着地した”それ”は、物理的な反射角をもって、
確実に、何人かの靴やズボンの裾を汚していました。
汚された方は足を止めて、おじさんと対峙の形になりました。

おじさんの罪は、『未必の故意』になるのか、『過失汚損罪』になるのか、
すべてを見届けた私は、しばし、通勤の足を止めて、
口をぬぐっているおじさんを見ていましたが、
ふと、我に返り、そそくさと、その場を去った次第です。 (哀)

何も言わずに押してくれ!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ

3月のお勧めは、マンガですw
「ああっ女神さまっ」:藤島康介・・・いけます、ほのぼの、ゆっくり。


そして、こいつが(2月)のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
「神の狩人」:グレッグアイルズ

この本が、(1月)のお勧めです!
神の交渉術」・・・・読んでないなら是非どうぞ!
22:17 | | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
哀-24 妻の涙
先日、家に帰ると妻が泣いていた。
気丈な性格だから、
ここしばらく・・・・・というか、
結婚してからついぞ、
涙なんか見たことはない。(・・・・映画やDVDは別にして)

どうしたのか?・・・・・・と聞くと、
「おばあちゃんが・・・・・・」と、せくりあげる。
末期がん・・・・ということだった。

つい、1週間前に、
おばあちゃんから、果物やお菓子やら乾物やら・・・・
種々雑多の食料品が入った段ボールが
宅急便で、届いたばかりなのに・・・・・・。

3人姉妹の妻は真ん中の娘で、
ひとりだけ、関西を離れ、関東に住んでいる。

そのためかどうかは分からないが、
年に2〜3回は、
種々雑多が詰まった段ボールが送られてくる。

段ボールの底には、封筒があって、
10万前後のお小遣いが入っているのを私は知っている。
結婚してから何年も続いていることだ。

妻の母は、何年か前に認知症になった父と二人暮らし。
「おじいちゃんの世話が大変で・・・・、」
自分の体の異変には、気付かなかったらしい。

倒れて、近くに住む妻の姉に連れられて病院で診察を受けたら
「手の施しようはなく、静観するだけ。」と、告げられたらしい。

「おばあちゃんには、言ってないみたいだけど。」
泣きながら話す妻が、ひどく子供っぽく見えた。


入院先のおばあちゃんと、二日目に携帯で話をした。
「すまんなあ、迷惑かけて・・・・・・。」
妻が、おじいちゃんの世話をしに、帰郷したことを言っているらしい。

「迷惑ちゃうで、ちょっとゆっくりせなあかんわ。
しばらくゆっくりして、はよう元気になってもらわんと・・・・・。」
嘘はすらっとでた。
涙もでたが、声はしっかりしていた・・・・・・・・と思う。

子どもは、いくつになっても子どもなのだ。
どんなに、自分の身が壊れかかっていても、
子供を思う親の愛情の大きさを感じる。

そんな時、2月24日(火)付の朝日新聞に、

《年金水準 30年後2割減》・・・・・《厚労省検証》

この国のお役人たちは、
自分の子供たちを・・・・子供たちの世代を・・・・
少しでも楽にしてやろうという、親心はないのだろうか?
自分さえ、良ければそれで良いのだろうか?

子を持つ親なら、誰しも自分の身を犠牲にしても
子どものためを思うのではないだろうか?

税金や年金原資の無駄遣いは、自分達の子孫に
大きな借金を背負わせることだと思えば、
何十億もかけて造った施設を一万円で売ったり、
不要な残業タクシーを使ったり、
立派すぎる庁舎や宿舎を造ったり、
要りもしないカラオケセットだの娯楽用品だのに
無駄なお金は使わないはずなのに・・・・・・。

結局は、他人の金だから・・・・・・。
自分の子供たちが、他人の子であれ、
出来るだけ豊かに、少ない苦労で暮らしてほしい・・・・。

『親心』・・・とはそういうものだ・・・・と思う。 (哀)

哀しいほどに腹が立つ、何も言わずに押してくれ!
人気ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
この本が、今月(2月)のお勧めです!
神の交渉術」・・・・読んでないなら是非どうぞ!
そして、こいつが3月のお勧めです!
本当に、掛け値なく、ノンストップで読んでしまう!
「神の狩人」:グレッグアイルズ


01:19 | | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark
ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--