『春夏秋冬 喜怒哀楽』

腹が立つけどこんなものだぜ世の中は。我慢だぜい!
世の中長く生きているといろんなことに出くわしますが、みんなで生きているから、苦もあれば楽もあるというもの、
独りであれば、そんなものも無いんですよ。
それにしても、腹立つことが多いですねえ!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | pookmark
八ッ場ダム あれやこれや

数十年に一度と言われた超大型の台風19号は10月12日・13日を中心に猛威を振るい

日本の各地に河川氾濫の被害をもたらした。

まずは、被害を受けてしまわれた方たちに、お悔みを申し上げたい。

 

J-CASTニュースにおいて、

『八ッ場ダムのおかげで利根川は助かった』は本当か?識者らに見解を聞く・・・という記事があった。

 

ネットでは、『八ッ場ダムのおかげで利根川は助かった』という肯定意見と

      『利根川への洪水調節効果はほとんどないものと思われる』という否定意見があるが、

実際はどうなのだろうか?

 

記事の中では識者ら・・・というものの、二人の識者の意見を並べて比較している。

(まあ、新聞記事などでよく、”識者によると”とか、”専門家の人の意見では”などと出てくる識者を

私はほとんど信頼を置いていないが、・・・・どこの識者?あんたのお父さんの意見じゃないの?

と、つっこみを入れたくなるけど)

氏素性をきっちりと示されているので、これは信頼できる意見・・・・と思う。

 

一人の識者は”ダム建設の反対運動”に取り組む「水源開発問題全国連絡会」の遠藤保男共同代表

もう一方の識者は、立命館大学の環太平洋文明研究センターの高橋学教授で、災害リスクマネジメントが専門らしい。

 

遠藤代表はダム建設の反対運動に取り組む・・・・という肩書から明らかなように

否定的な見解である。

その否定意見の要旨は、

 

続きを読む >>
22:27 | もう一歩深く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
運転免許証の自主返納・・・・・だって?

毎日、毎日

高齢者による事故が起こるたびに、

自動車運転免許の自主返納の話が話題になるが。

 

やれ生活の基盤が崩れるの

免許証を返納した後の対策を考慮すべきとか・・・・

 

視点が、ずれているのではなかろうか。

 

池袋の事故で、配偶者と幼い娘を、一瞬にして奪われた被害者の夫は

『加害者を厳罰に処したい・・・・』と心の一端をのぞかせた。

 

彼の崩れてしまった生活の基盤は、誰が積みなおしてやるのだろうか?

 

事故を起こした加害者は、免許証を返納しようかどうか

事故を起こす前に、考えたらしいが

きっと今は、激しい後悔の念に駆られているに違いないと思う・・・・・。

 

自主返納・・・・という甘い考え、制度があるうちは

こういう悲劇はきっと無くならないだろう。

 

だから、

 

 

 

 

続きを読む >>
13:17 | もう一歩深く | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
ジュエリーならツツミに決まり!当店なら送料無料

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--